負げねえぞ気仙沼!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が気仙沼で出逢った
すがとよ酒店さん

2013_0202_22085600.jpg負新

あの震災で90年余り続けてこられたお店が津波にのみ込まれ、
大黒柱の豊和さんも、文子さんの差しのばした手をすり抜け
凄まじい勢いで津波にさらわれてしまいました。

お母さん(文子さん)の心はコンクリートのように固く凍りつき、山々が新緑に覆われても
桜が咲いても、何も感じることごできず、声をあげてなく事すらも出来なかったと・・・

それでも、生きている
生かされたのだから立ち上がらないと!
と、息子さん達と共にお店を甦らせました

2013_0201_15261000.jpg建物2つ

IMG_20130202_222228.jpg8新

瓦礫に埋まってしまったお店の中から一本一本お酒を掘り出し、山の沢水で泥を落とし、流されずに残った看板と共に震災から一ヶ月後の2011年4月23日再出発しました。

語り尽くせぬ程の心の傷、混乱の中で
豊和さんが守ってこられたお店を守りたいと必死に立ち上がり
今は、太田店と鹿折バイパス店をオープンし
出逢えた全ての方々のお陰ですと語ってくださいました。

2013_0201_02204600.jpgお酒

2013_0201_15504700.jpgお酒と手紙

お酒のラベルにはお母さんが心を込めた文字が入っていて、お酒の他にも
パーカーやTシャツなどがあり、わたしがとても気に入ったのが
このパーカー(^-^)♪

2013_0201_08403400.jpgパーカ

 

わたしも今回の東北訪問でたくさんの方々にお会いできて嬉しかったです

後日お母さんがお手紙を送ってくださいました。
お手紙を大切にいつも遠くにいても
お母さんの笑顔を想っています

2013_0201_12453400.jpg手紙

 

すべての皆様に
感謝です

 

 

2013年2月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : miwacchi