雪組観劇

このエントリーをはてなブックマークに追加

やっとやっと観られました

ご覧になった色んな方々から
お芝居
泣く泣くとは聞いておりましたが…

嗚咽に近い号泣でした

星の光
蛍の光のような美しい世界に引き込まれ、
子供の純粋さから、
大人になってのそれぞれの運命
役者1人1人の魂が生きて
宝塚観劇史上1番泣きました

宝塚現役時代に
『舞姫』で当時演出助手をされていて大変にお世話になりました
上田先生の大劇場デビュー作品

本当にこんなにも心に響く作品を作ってくださり、ありがとうございます

国の為に生きるか
己の心に生きるか葛藤する様が
豊大郎と重なり、

佐渡に住んでる身としては
農家の方々の苦労を近くで感じる環境なので、
お百姓さんの命がけの生き様も心に突き刺さり

ちぎちゃん(早霧せいなさん)、だいもん(望海風斗さん)演じる
どちらの気持ちも
痛いほど理解でき
ほんとに本当に苦しかったです

いや〜
泣きすぎて頭が痛いですが

いよいよ
『時の花』独演
本番です

image1.JPG26

たくさんのパワーを頂いたので、
わたしも
できる限りの力で
臨みたいと思います

2015年9月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : miwacchi